2010年02月03日

失業率改善に「楽観できず」=10年度予算案の早期成立を−首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は29日午前、2009年12月の完全失業率(季節調整値)が前月比0.1ポイント改善して5.1%となったことについて「若干改善したと言っても、全然楽観できない」と述べた。その理由として「まだ5%を超えている。多くの国民が働きたいけれども働けないという状況は変わっていない」と指摘した。
 また首相は、28日成立した09年度第2次補正予算の速やかな執行と10年度予算案の早期成立の必要性を強調。「国民の命を守る、働きたいと思っている方々が就職できるような環境を、政府が何としてもつくり上げていく努力が大切だ。気を引き締めて頑張っていきたい」と語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
米倉氏の政策聞きたい=鳩山首相
「法的決着も」、重ねて言及=普天間移設で平野官房長官
昨年の自殺者、5番目の多さ=504人増の3万2753人-9月以降は4カ月連続減
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相
普天間、現行案排除せず=「ゼロベース」で5月に結論

女子学生の映像、無断で講義に「化粧濃すぎ」(読売新聞)
<ミスさっぽろ>女子大生と会社員、2人に決まる(毎日新聞)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相(時事通信)
【かんさい発 ECO応援団】林業復活へ 吉野杉PR(産経新聞)
posted by 7pm1xpi4ys at 03:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。