2010年06月11日

医療関連サービス、従来の枠組みでは「成長は望みにくい」(医療介護CBニュース)

 矢野経済研究所は6月7日、主な医療関連サービスの5受託業務(「医療事務」「減菌」「廃棄物処理」「給食」「検体検査」)の市場に関する調査結果を公表した。それによると、5業務合計の今年の市場規模については、1995年の9930億円から49%増の1兆4800億円と予測したが、今後は業務外務委託率の上昇で、「市場成長率は全体的に鈍化の傾向にある」と指摘。病院数の減少や国民医療費の増加抑制により、「従来の枠組み通りに進めても成長は望みにくいビジネスに近づいている」と分析している。

 調査は2月から5月にかけて、5受託業務に参入している企業を対象に実施。同社専門調査員による面接や電話での取材と、文献調査を行った。

 それによると、5業務合計の市場規模を95年から5年ごとに見ると、95年9930億円、2000年1兆1050億円、05年1兆3140億円と推移。今年は1兆4800億円と予測した。同社は、1990年代は単純な業務代行の視点で外部委託化が進められたが、2000年以降は複数業務を同時発注する形態などが進展し、事業者間ネットワークで対応することも求められていると指摘。さらに、最近は周辺業務だけでなく、病院経営に対するマネジメント体制などを提案する企業が出現し、「経営パートナーとしてより対等な立場に近づきつつある」と分析している。

 5受託業務別に見ると、今年の市場規模が最も大きいと予測されるのは、「給食」の7000億円。病院分野では成長が鈍化傾向にあるものの、各種高齢者介護施設数の増加で、福祉施設などでの受託は拡大している。
 これに次ぐのは「検体検査」の4920億円。同市場は、検査受託単価の下落で、1996年ごろをピークに約10年間縮小傾向が続いたものの、高齢化の進展などを背景に検体数は増加基調にあり、市場自体も2006年ごろを底に若干の上向きとなっている。
 また、1995年からの市場成長率が700%の「減菌」の今年の市場規模は280億円。病院の外部委託率は20-30%とみられることから、「潜在市場の観点で期待が持てるビジネス」と分析している。
 このほか、「医療事務」は国公立病院などでの委託率が約80%とみられることなどから、「成長はやや鈍化傾向にある」と分析している。今年の市場規模予測は1880億円。
 「廃棄物処理」は外部委託率が95%を超えているものの、対象廃棄物量は増加傾向にある。今年の市場規模は720億円と予測している。

 将来の展望については、「病院経営全般への関与」「医療本質部分の人材ビジネスとしての展開」「健診関係を含めた予防医療分野の取り組み」などのほか、医療機関を顧客とする見方を一歩進め、最終ユーザーである患者ニーズをどうとらえるかが大事になると指摘している。


【関連記事】
今年度の糖尿病関連製品市場は4千億円超―矢野経済研究所
08年のOTC総市場、再びマイナス成長に
臨床検査事業、海外展開を軸に成長へ―矢野経済
病院の調達のあり方に担当者の8割超が不満足
医療・介護で新規雇用約280万人―政府が新成長戦略の基本方針

淀川遺棄の相談電話放置、検証必要…警察庁長官(読売新聞)
官房長官に仙谷氏内定(時事通信)
監視カメラ駆使…市道を車庫代わり、暴力団2人送検(産経新聞)
民主代表選 菅直人氏選出 選挙モードへの突入を宣言(毎日新聞)
たちあがれ日本 杉村太蔵氏を公認候補として擁立(毎日新聞)
posted by 7pm1xpi4ys at 19:36| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

取り調べの違法一部認定 大阪高裁(産経新聞)

 検事が違法な取り調べをしたとして、傷害の非行事実で保護観察処分を受けた男性=処分当時(19)=と国選弁護人が、計660万円の国家賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。岩田好二裁判長は、国に対して男性と弁護人に計66万円を支払うよう命じた1審京都地裁判決を変更、弁護人の請求を棄却した上で取り調べの一部は違法と認定し、男性に22万円を支払うよう命じた。

 1審判決は、検事が「弁護人は弁護士になって1年もたっておらず、(男性が)かわいそう」などと述べた発言について「弁護人依頼権の侵害で違法」と認定したが、岩田裁判長は「単純な悪口で、弁護人との信頼関係を損なうこともなかった」と判断した。

 一方、別の検事が机をけり上げたり、「とことんやったる」と述べたりしたことは1審判決を支持し、違法と認定した。

【関連記事】
取り調べに光、圧巻の心理戦 ドラマ「落としの金七事件簿」
取り調べに問題29件 監督官制度で警察庁発表
「人質司法」「調書裁判」欠点克服の契機
検察側、取り調べ録音テープなど開示 「狭山事件」で
重大事件に絞った導入も 取り調べ可視化で千葉法相

「閣議決定」「閣議了解」「首相発言」とは…(読売新聞)
漁港にイルカ迷い込む、住民から歓声…富山(読売新聞)
「受け入れがたい中身。党首がサインするわけにいかないと確認」社民・又市氏(産経新聞)
国保組合の「入院・治療無料」見直しへ(読売新聞)
首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)
posted by 7pm1xpi4ys at 23:37| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

ネット選挙解禁、結論持ち越し 自民の反発で(産経新聞)

 今夏の参院選から、インターネットを利用した選挙運動の解禁を目指している与野党の実務者協議会が26日午前、国会内で開かれたが、自民党が民主党の国会運営に反発し、結論を持ち越した。民主、自民両党は協議を続け、26日中に結論を出す予定だ。

 これまでの協議会で、候補者と政党に限って選挙期間中のホームページ(HP)とブログの更新を認めることで与野党は大筋一致。26日に最終合意を取り付けて、ガイドライン策定に入るとともに、公職選挙法改正案(ネット選挙解禁法案)を来週中の国会で成立させる予定だった。

 しかし、26日の実務者協議で、自民党がネット選挙解禁法案を審議する衆院政治倫理・公職選挙法改正特別委員会の牧野聖修委員長(民主)の議事運営に問題があると指摘。「信頼の下に(審議が)やれる状況でなくなってくると難しい」(自民党の林芳正参院議員)と反発した。

【関連記事】
ネット選挙運動の一部解禁 若者投票率アップに期待
ネット選挙運動「解禁賛成」が過半数
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?
つぶやき急増 ネット選挙解禁も
真夜中のお騒がせ男
虐待が子供に与える「傷」とは?

高級バイオリン、安物とすり替え…葉加瀬さん母校(読売新聞)
<「アイリス」>新シリーズ、鳥取がロケ地に チョン・ウソンさん主演 (毎日新聞)
三菱東京UFJ行員を逮捕=車内で下半身露出―愛知県警(時事通信)
元後藤組組長、逆転有罪=ビル所有権虚偽登記―東京高裁(時事通信)
民主内に首相責任論も=普天間、県内移設で(時事通信)
posted by 7pm1xpi4ys at 04:47| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。